株主優待で有名な桐谷さん

株式投資における株主優待制度の活用という点では、桐谷広人さんが有名です。
松子デラックスのテレビ番組に出演して、現金を使わずに株主優待だけで生計を立てている風変りな人というキャラクターがブレークし、今ではテレビや雑誌・講演会などで大活躍の人物です。

桐谷さんは、もともとは将棋の棋士だったのですが、そこで貯めたお金をもとに株式投資をはじめ、何億円もの株式を持つ資産家となるのですが、リーマン・ショックによって大きな損失を出してしまったということです。そして、その窮地を救ってくれたのが、株主優待制度であったと彼は言います。

すなわち、株主優待制度で企業側が自宅に送ってくれる食品やお食事優待券などを使っていけば、それだけで生計を立てることができるということを彼は発見したのです。彼のすごいところは、食費を株主優待で賄っているだけではなく、衣服や靴・自転車から、Fitness Club・映画鑑賞・ボーリングといったエンターテインメントにいたるまで、生活のあらゆる側面を株主優待で賄っているところです。
雑誌に連載されている株主優待の紹介記事においては、一般的にはあまり知られていない非常にお得な株主優待制度のある企業を紹介してくれるなど、その博識ぶりを披露しています。

つまり、彼は単なる人気取りのタレントというわけではなく、本当に実力のある株式投資家であるということです。それを、小難しい理論ではなく、株主への優待制度という実用的でわかりやすいテーマを通して教えてくれる、稀有な投資家であると言うこともできるのではないでしょうか。また、彼の風貌が何となくユーモラスなところも、好感度を上げていると言えるでしょう。