インカムゲインとキャピタルゲイン

株式投資を考える上では、インカムゲインとキャピタルゲインについて理解しておく必要があります。そもそもなぜ株式投資をしようと考えているでしょうか。利益を得るためですよね。利益として、この二種類があるのです。

インカムゲインとは、その株式を保有することで安定的に得られる利益のことです。基本的には配当金ということになります。ただし、配当金だけではなく株主優待についても安定的に得られる利益ですから、インカムゲインの一つです。

一方で、キャピタルゲインとはそのような安定的に得られるものではなく、要は株価の変動によって得られる利益です。株価が上昇することで得られる利益をキャピタルゲインと呼ぶわけです。

なお、念のために付け加えておきますと、配当金であっても、本当の意味で安定的かどうかはまた別の話です。当然ながら、企業の業績がよければ一般的には配当金も増えるでしょうし、逆に業績が悪ければ少なくなるでしょう。赤字決算のときには配当金ゼロというのも当たり前のことです。より正確に言えば、少なくなったりゼロになったりすることはあり得るけれども、マイナスになる可能性はない利益のことをインカムゲインと呼びます。

しかし、キャピタルゲインのほうはプラスになる可能性とともに、マイナスになる可能性もあります。株価が、購入時の価格を割り込めばマイナスになるわけで、このようなマイナスのキャピタルゲインのことを、キャピタルロスという言い方をしたりします。

自分が株式投資をするにあたって、インカムゲインを重視するのか、キャピタルゲインを重視するのかは投資のスタイルに大きく影響しますから、考え方をしっかりと持っておいたほうが良いでしょう。

キャピタルゲインを狙う、急騰銘柄を提供してくれる投資顧問を口コミサイトで探す。

投資顧問とは?